第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としてのトレンドカラー・コーディネート (2) ホテルの外観、内装におけるカラー・コーディネート 2.内装のカラー・コーディネートについて

ホテル内に入ると顧客の第一印象は内装によって支配される。
ホテルの内装をエントランス部分と内部の客動線部分に分けてカラー・コーディネートを検証すると、

A. ホテルの顔となるエントランス部分
(ア)玄関、ロビーの色彩にホテルのアイデンティティを感じる色彩の統一感があるか
(イ)顧客に対し非日常的空間を演出する色彩を持って出迎えているか
(ウ)ホテルのコンセプトを表現している色彩てあるか
(エ)訪れる顧客にふさわしい色彩てあるか
(オ)よく配慮された奥深いカラー・コーディネートがてきているか
(力)どの顧客に対しても安定感があり、飽きのこない色彩てあるか
を考慮してカラー・コーディネートすることによって、ホテルの品格、経営理念を表現するデザインの重要な一端を担っているのである。

B. ホテルの客動線部分
顧客は各自の利用目的に沿ってホテルの中をさらに進むため、客動線を歩くとさまざまな空間に遭遇する。
(ア)廊下、エレベーター、エスカレーター、各フロアの色彩は空間を明るいか、または暗いかの明暗によって演出されているか
(イ)どの場所ても顧客に安心感を与えているか
(ウ)新鮮味のある色彩で空間を顧客の視党的に楽しませているか
(エ)絵画などの色彩は空間にアクセントを与えているか
これらの視点からカラー・コーディネートは客動線を演出し、顧客の目的施設にお
ける利用に対する期待感を増幅させる働きをしている。

関連記事

  1. 第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 …

  2. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定 2…

  3. 第1章 2-1-3 わが国へはこうして伝わった

  4. 第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 …

  5. 第2章 4-2-2 「サービス」業とは

  6. 第1章 3-3-1 経営理念と事業の定義づけの見直し

  7. 第1章 2-3-2 サービスの生産は無形のパフォーマンスである

  8. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り (2)商品の差別化

PAGE TOP