第5章 セールスプロモーション計画 5.訪問計画 (4) 電話、手紙、ファクシミリ、電子メールによるセールス

セールス活動は必ずしも訪問によるものだけてはない。
電話、手紙、ファクシミリ、電子メールなど訪問によらないセールス活動も、直接訪問と同様あるいはそれ以上の効果を上げることもあり、活発に行われている。
とりわけ、マーケティングの新たな展開、ビジネス業務の終了、商談中のアフター・ケアなどには能率が倍増することもある。
(5) ルート・セールスの導入
前述のルート・セールスはルート・セールス・カードを作成し常用すると効果がある。
このカードは、ホテルから鉄道などのルート上に点在する訪問先を順序立てて並ベ、さらに訪問先を重要度別にランクづけをして道順を確立する。
これにより往復に要する時間の無駄を省き、効率のよいテリトリーの維持ができる。
①テリトリーにある企業、団体などを細かく地区別に拾い、地図上にそれぞれの所在地をマークする。
②ランクの重要度により訪問回数を1ヵ月に1回~3ヵ月に1回というような差をつけ、タイムリーな訪問をする月を決めておく。
③ルート上の訪問先はすべてチェックし、新たな訪問先を獲得するたびに追加記入し、顕客情報の充実を図る。
④短時間に効果的な集中訪問がてきるルートを絶えず考え、ルート上の新規開拓を目指す。

関連記事

  1. 第5章 セールスプロモーション計画 5.訪問計画 (1)年問訪問計画

  2. 第4章 実践的マーケティングの展開 3.宿泊部門のマーケティング 1.…

  3. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定 1…

  4. 第2章 4-2 無形財(業務的サービス)の流通と「サービス」業

  5. 第1章 3-3-2 外部環境と企業の持つ資源を見きわめる

  6. 第1章 2-3-8 サービスには時間の要素が相対的に重要である

  7. 第2章 3-3 業務的なあり方としての「サービス」

  8. 第6章 商品開発 7.商品販売のターゲット (2) 訴求ポイントとマー…

PAGE TOP