第7章 宣伝・広告と広報活動 1. 本章のねらい

商品開発、販売促進計画が終われば、販売目標を達成するための手段として、プロモーション活動(宣伝・広告と広報活動)が必要になってくる。
ホテルが英知を傾けて買い手が購入したくなる商品と適切な価格を設定し、販売に踏み切ったとしても、買い手がこの商品の存在や特徴などを知らなければ購入してもらえない。
この章では、高品の購入を促すためのさまざまなプロモーション活動を、「宣伝・広告」、「パブリシティ」、「人的販売( セールス・マン活動)」の3つに分け、そのうちの「宣伝・広告」と「パブリシティ」について考えていく。
ホテルが策定した商品企画やイベント企画に適合したターゲットに対し、実際に販売する商品をどのような媒体を選定して告知させるか、その詳細を述べる。

関連記事

  1. 第1章 2-1-2 マーケティングの歴史は浅い

  2. 第4章 実践的マーケティングの展開 5.婚礼のマーケティング (2)婚…

  3. 第6章 商品開発 7.商品販売のターゲット (3) 顧客に対する便益戦…

  4. 第1章 2-1-5 マーケティングに含まれる「サービス・マーケティング…

  5. 第7章 宣伝・広告と広報活動 2. 宣伝・広告活動 (2) 宣伝・広告…

  6. 第4章 実践的マーケティングの展開 6.レストラン・マーケティング

  7. 第1章 2-3-1 顧客には所有権はない

  8. 第2章 サービスについて考える ~ 1 本章のねらい

PAGE TOP