第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (1)一般論における価格設定

価格設定を考える時、第一に購入する顧客が納得する金額を提示することが、期待する販売量を安定的に確保する条件であるが、同時に企業は投資の回収と経営を維持するために、必要な利益を獲得しなければならない。
価格設定は企業の存続にかかわる重大な営業戦略であり意思決定といえる。
この価格設定の仕方は企業の業態により、重視する要索が異なる。

関連記事

  1. 第5章 セールスプロモーション計画 7. 行動計画の効率化 2、3

  2. 第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としてのトレンドカラー・…

  3. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  4. 第1章 2-3-2 サービスの生産は無形のパフォーマンスである

  5. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  6. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  7. 第1章 3-3-4-2 市場標的の設定とマーケティング・ミックス2

  8. 第2章 3-2 態度的なあり方としての「サービス」

PAGE TOP