第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (1)一般論における価格設定

価格設定を考える時、第一に購入する顧客が納得する金額を提示することが、期待する販売量を安定的に確保する条件であるが、同時に企業は投資の回収と経営を維持するために、必要な利益を獲得しなければならない。
価格設定は企業の存続にかかわる重大な営業戦略であり意思決定といえる。
この価格設定の仕方は企業の業態により、重視する要索が異なる。

関連記事

  1. 第1章 4-1-1 不確実性を可能な限り取り除く

  2. 第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としてのトレンドカラー・…

  3. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  4. 第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としでのトレンドカラー・…

  5. 第7章 宣伝・広告と広報活動 2. 宣伝・広告活動 (2) 宣伝・広告…

  6. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り (3)消費者のニーズの変化

  7. 第3章 マーケテイング・リサーチの考察 1.本章のねらい

  8. 第1章 3-1-0 マーケティングが導入されるまでの生産者の考え方

PAGE TOP