第1章 3-1-0 マーケティングが導入されるまでの生産者の考え方

①生産者は、計画している物財が自社で生産できるがを考えた。
②製品開発は、技術的に十分可能かどうかが基点である。
③製品ミックス(コーヒー・メーカーが、レギュラー・コーヒーとインスタント・コーヒーを併せて作ること)は技術的限界の範囲内で行う。
④製品の包装は、コストの低減と製品輸送上の強度に重点を置く。
⑤販売部門は、生産部門から与えられた製品をいかに売るかに努める。

関連記事

  1. 第1章 2-4-1 マッカーシーの4P

  2. 第2章 4-2 無形財(業務的サービス)の流通と「サービス」業

  3. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り (1)どのようなものが売れるのか…

  4. 第2章 サービスについて考える ~ 1 本章のねらい

  5. 第3章 5.ホテルにおけるマーケテイング・リサーチ活動 1.ホテルのマ…

  6. 第2章 3-4 犠牲的なあり方としての「サービス」

  7. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定 3…

  8. 第3章 5.ホテルにおけるマーケテイング・リサーチ活動 3.モニタリン…

PAGE TOP