第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (3) ホテル各部門の販売価格決定パターン

ホテルの業態は前述の通り、企業の業態が製造業と卸売業の一部、それに大きな部分を占める小売業が合体した企業てあるので、これまで述べたパターンをそのまま適用することはできない。
ひと口でいえば、製造販売業といえる性格を持っている。
さらには販売する商品の多くが施設の利用権であり、ストックと持ち越しが効かない労働集約型の時間を売るビジネスなのである。
それだけに販売価格の設定はさらに複雑になり難しくならざるを得ない。
また部門によっても価格設定の対象が異なるので、前項の販売価格決定パターンのすべてを使うことになってくる。

関連記事

  1. 第4章 実践的マーケティングの展開 3.宿泊部門のマーケティング 1.…

  2. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (3)ホテル各部門の販売価格決定…

  3. 第2章 5-3 ホスピタリティの概念(日本ホスピタリティ協会の提案によ…

  4. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  5. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り (1)どのようなものが売れるのか…

  6. 第6章 商品開発 2.施設、機能の活用による両品開発

  7. 第4章 実践的マーケティングの展開 5.婚礼のマーケティング (2)婚…

  8. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定 3…

PAGE TOP