第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定 3.ホテルの料金設定のポイント:商品価値の維持、向上

*商品価値の維持、向上
前にも一部触れたが、利益を意識するあまり商品やサービスのコストを極端に低く抑えてはならない。
コストの低減は商品作りの基本てはあるものの、極端なコスト志向により、商品価値を損なうようなことになれば、何のための商品開発か分からなくなる。
コストをかけたからよい商品ができるとは限らないものの、料金、コスト、利益の配分を常にわきまえて商品開発に当たる努力を重ねる習慣が定着すれば、料金設定の機会があるたびに売れる商品開発が容易になるであろう。

関連記事

  1. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り (3)消費者のニーズの変化

  2. 第7章 宣伝・広告と広報活動 2. 宣伝・広告活動 (2) 宣伝・広告…

  3. 第1章 3-3-5 「コントロール」と「フィードバック」

  4. 第6章 商品開発 4.企画商品開発の推進計画 (3)セールス活動

  5. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定 2…

  6. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り

  7. 第5章 セールスプロモーション計画 5.訪問計画 (1)年問訪問計画

  8. 第2章 3 サービスの分類

PAGE TOP