第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定 1.料金政策を決める(高料金政策)

新規に開業するホテルの場合、マーケットに対して高料金政策でいくか、低料金政策でいくかを決める。
これは準備段階で営業諸施設の内容が決まれば、自動的に決定される。
両者にはそれぞれ特色があるので、営業諸施設の営業方針に沿った料金政策を採用しなければならない。
*高料金政策
開業当初から高料金を設定し、料金が高くても利用するに違いないと判断するマーケットの上層部の顧客を、まず吸収してしまおうとする考え方である。
ホテルの商品やサービスに絶大の自信があることが前提で、料金が高いことを逆手にとって、ホテルのグレードの高さを示すものである。
成功すれば開業当初の赤字を短期に回収する利点がある。
これは、顧客に料金の高さが商品やサービスの品質のよさを連想させ、利用することによって、顧客自身のレベルも高くなったような満足感を抱かせることを意図している。

関連記事

  1. 第3章 4.マーケティング・リサーチの進め方と種類 (2)質問法、観察…

  2. 第5章 セールスプロモーション計画 5.訪問計画 (2)週間訪問計画

  3. 第6章 商品開発 7.商品販売のターゲット (3) 顧客に対する便益戦…

  4. 第1章 2-3-6 サービスの多くは顧客による評価が困難である

  5. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (3) ホテル各部門の販売価格決…

  6. 第2章 5-4 サービス産業におけるホスピタリティの構築

  7. 第3章 4.マーケティング・リサーチの進め方と種類 (1)市場調査のス…

  8. 第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としてのトレンドカラー・…

PAGE TOP