第6章 商品開発 7.商品販売のターゲット (3) 顧客に対する便益戦略

前節で述べた通り、売れる商品やサービスを作るためには、企業は新しい商品やサービスを
①マーケットのどの客層にセグメントし、
②どのような訴求ポイントを持って、
③マーケットで、どのような位置づけをするかによって決まってくる。
これも的確にマーケットのニーズに合致させることが大前提てある。
いわゆる顧客のニーズに合致させること、すなわち「便益(consumerbenefits)」戦略である。
顧客便益は商品やサービスがいかに顧客の「役に立ち」、顧客が「利益を得る」ことを意味し、通常2つに分けて考えている。

関連記事

  1. 第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 …

  2. 第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 …

  3. 第6章 商品開発 2.施設、機能の活用による両品開発

  4. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (2)ホテルにおける料金設定

  5. 第3章 4.マーケティング・リサーチの進め方と種類 (2)質問法、観察…

  6. 第4章 実践的マーケティングの展開 3.宿泊部門のマーケティング 1.…

  7. 第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としてのトレンドカラー・…

  8. 第2章 2-1 言葉としての「サービス」の意味

PAGE TOP