第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (3) ホテル各部門の販売価格決定パターン:2.宴会部門

宴会部門はホテルの業態によって相違はあるものの、従米のシティ・ホテルでは重要な収入部門と位置づけられているため、かなりのスペースを保有している。
とくに1,000名以上の顧客が収容できる500坪以上の大宴会場では、建設コストを含め内装、設備に多大の投資を行っている他、立体的な豪華さを表現する天井品が7mと2フロア分を占めるため、坪当たりの施設原価は割高になる。
ただし、客単価がレストランよりもF&B(Food & Beverage料理と飲み物)が高額で、会場使用料など付帯的な売上げも多く、かつ、すべてのサービスが受注生産となる有利性を持っている。
これは、ランニング・コストに大きなシェアを持つ人件費のうち、大勢必要とするサービス要員のはとんどが変動人件費になる配膳人(必要な時間だけ雇用できるサービス技術者)で占められているばかりでなく、主力の売上げとなるF&Bの生産にもロスがない。
必要時のみ雇用できる変動人件費、受注生産のF&Bに助けられ、ロスが少ないメリットも併せ持っている反面、宴会場の回転率、とくに大宴会場の稼働は低いため、ホテル・プランドが低いと苦戦は免れない。

関連記事

  1. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (1)一般論における価格設定 1…

  2. 第3章 5.ホテルにおけるマーケテイング・リサーチ活動 3.モニタリン…

  3. 第3章 4.マーケティング・リサーチの進め方と種類 (5)集計と分析

  4. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (3)ホテル各部門の販売価格決定…

  5. 第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としてのトレンドカラー・…

  6. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  7. 第1章 2-3-8 サービスには時間の要素が相対的に重要である

  8. 第1章 4-1-0 集客までのマーケテイング

PAGE TOP