第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 (2)宴会形態別の販売記録の把握

宴会、集会にはいろいろな形態がある。これらの販売実績を時期とオーバーラップさせ検討することも重要てある。
①宴集会をディナー、ランチョン、朝食会、パーティ、会議、展示会、婚礼など形態別に分類し、それぞれの実施数を把握する。
②会議、展示会の受注が多くなれば、宴会場が長時間ブロックされることになるので利益はともかくとして売上高は低くなる。

関連記事

  1. 第6章 商品開発 8. 商品開発の新しい切り口としてのトレンドカラー・…

  2. 第4章 実践的マーケティングの展開 4.宴集会のマーケティング(予約径…

  3. 第6章 商品開発 7.商品販売のターゲット (3) 顧客に対する便益戦…

  4. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り (3)消費者のニーズの変化

  5. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成

  6. 第5章 セールスプロモーション計画 1.本章のねらい

  7. 第1章 2-3-5 インプットとアウトプットには大きな変動がある

  8. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (1)一般論における価格設定 2…

PAGE TOP