第1章 4-1-4-e その他の集客までのマーケティング ~ e.情報を活用する

ホテルに限らず企業がマーケティング活動を行う時には、随所、随時に収集する情報は膨大なものになる。
得られ刺青報をどのように分類、整理、保管するかによって、情報の価値は著しく変わってくる。
マーケターが最も注意しなくてはならないことは、情報の性質を見ざわめ活用するための価値判断をする能力を磨くことである。
なにしろあらゆる営業現場は情報に囲まれて毎日の業務を進めているので、マーケターは現場の従業員に対して、マーケティングを行うためにどのような情報に価値があるのかを学習させることである。
よく見聞きすることは、現場で価値のない情報として特段の管理もされずに廃棄してしまい、後になってから非常に重要な情報と分かり、大騒ぎをするケースがしばしば発生していることである。
これを防ぐためには、日常的に価値のある情報の実体を明確にし、現場の従業員に勝手に判断させず、職域の管理者がそれらの分類、保存、そして伝達、報告の仕方をマニュアル化しておけば、かなりの確率で重要な情報を一カ所で集中的に管理することができる。

関連記事

  1. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  2. 第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 …

  3. 第5章 セールスプロモーション計画 5.訪問計画 (3)デイリーの訪問…

  4. 第6章 商品開発 3. 商品開発のポイント 4~6

  5. 第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 …

  6. 第4章 実践的マーケティングの展開 3.宿泊部門のマーケティング 2.…

  7. 第2章 5-3 ホスピタリティの概念(日本ホスピタリティ協会の提案によ…

  8. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

PAGE TOP