第1章 3-3-4-1 市場標的の設定とマーケティング・ミックス1

《資料:片山又一郎著「マーケティングの基本知識」》(PHP研究所刊)
*ねらうべき市場て‘、どのような顧客の、どのようなニーズや要求を対象にするかが市場標的の設定には欠かせない重要な要件てある。
非常に幅広い顧客の満足を得るには、ニーズや要求は「顧客志向」を甚本理念としながらも、絞り込んて‘目標としなければならない。
そのため、設定をする時には、すべての顧客を取り込めないから、企業が内部資源を有効に活用しつつ、最も企業が取り込みたい顧客の層に的を定めて、マーケティングを行うことを決定するのが市場標的の設定てある。
*市場標的が明らかになれば、それに合わせてマーケティング・ミックスの構築と標的に向かっての接触が可能になるのて‘あるから、まず市場の細分化を図らなければならない。
これをマーケット・セグメントという。
*市場の細分化は次の変動する要件によって検討する。
• I 地理的要件I- 地域別、都市または当該地域の規模、人口密度、気候
• I 住民の心理的要件卜社会的階層、ライフスタイル(平均的タイプ、流行追求タイプ、芸術家タイプ)、パーソナリティ(強圧的、社交的、権威主義的、野心的)
• I 住民の行動要件I- 購買状況(標準的状況、特別な状況)、追求する社会的給付(品質、サービス、経済性など)、顧客タイプ(未購入者、過去の購入者、潜在的購入者、初回購入者、定期的購入者)、購入率(少量、標準的購入量、大量購入)、商品に対するロイヤリティ(なし、中、強、絶対的)、購買前の商品認知度(未認知、認知、理解、関心、購入意図)、商品に対する態度(情熱的、積極的、無関心、敵対的)
• I 人口統計学的要件I- 年代別分布、性別による分布、世帯の規模別分布、家族のライフサイクル(既婚• 未婚別年代層の分布)、所得別分布、職業別分布、教育レベル(学歴)別分布、その他宗教• 国籍別分布など

関連記事

  1. 第6章 商品開発 4.企画商品開発の推進計画 (1)企画商品、(2)宣…

  2. 第2章 2 サービスとは

  3. 第7章 宣伝・広告と広報活動 2. 宣伝・広告活動 (2) 宣伝・広告…

  4. 第6章 商品開発 2.施設、機能の活用による両品開発 1、2

  5. 第1章 2-3-1 顧客には所有権はない

  6. 第4章 実践的マーケティングの展開 3.宿泊部門のマーケティング 2.…

  7. 第5章 セールスプロモーション計画 3.目標設定のためのデータの活用 …

  8. 第6章 商品開発 6.売れる商品作り (3)消費者のニーズの変化

PAGE TOP