第1章 2-3-7 サービスは在庫できない

サービスは、顧客が保持することのできる有形アイテムではなく、行為ないしパフォーマンスである。
それゆえ、サービスは「消滅」してしまい、在庫することは不可能である。
もちろん、必要な設備、装置、人員はサービス提供のため待機させることはできる。
しかしこれらはサービスの生産能力であって、サービス・プロダクトそのものではない」としている。
サービスが無形で需要のある時だけしか生産されず、リアルタイムで提供、消費されるものであることは常に喧伝されている。
ここで述べている重要なことは、サービスの生産能力または共有能力はストックできないので、サービスを受ける顧客が存在しなければこれらの能力が無駄になってしまうし、能力を超える需要があれば顧客を失望させてしまう。
だから、サービス・マーケターは供給能力に見合った需要をバランスよく獲得する方策を見つけすこととしている。

関連記事

  1. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  2. 第6章 商品開発 2.施設、機能の活用による両品開発

  3. 第2章 4-2-2 「サービス」業とは

  4. 第6章 商品開発 5.商品の価格設定 (1)一般論における価格設定

  5. 第1章 2-4-3 マーケティングの実践に当たって

  6. 第3章 4.マーケティング・リサーチの進め方と種類 (2)質問法、観察…

  7. 第2章 2-1 言葉としての「サービス」の意味

  8. 第6章 商品開発 3. 商品開発のポイント 1~3

PAGE TOP