第1章 2-3-4 他の人々の存在がサービスの生産に部分的に加担している

「ハイ・コンタクトなサービスの場合、顧客はサービス従業員とコンタクトするだけではなく、他の顧客ともごく近い関係になる。サービス・ビジネスにおけるサービスの質の格差は、サービスを提供する従業員の質に依存することが多いが、これだけではなく居合わせた他の顧客がどのような客であるかも、サービス・エクスペリエンスを決定づける要因となることがある」
といっている。
それゆえ、多くのサービスにおいては他の人々の存在がサービスの一部になる。
顧客が満足できるサービス・エクスペリエンスを確保しつつ、サービス・エンカウンター(偶然に出会う)をマネジメントすることは大変に難しい課題としている。
卑近な例としては高級なレストランとして認知されるには、そこのレストラン従業員のサービスがよいだけでなく、そこを利用する顧客の質もサービスの質に連動していることはよく知られている。

関連記事

  1. 第1章 2-3-1 顧客には所有権はない

  2. 第5章 セールスプロモーション計画 2.売上予算の策定計画 (2)環境…

  3. 第1章 3-3-3 外部環境のリサーチとマーケティング目標の決定

  4. 第6章 商品開発 7.商品販売のターゲット (3) 顧客に対する便益戦…

  5. 第4章 実践的マーケティングの展開 6.レストラン・マーケティング (…

  6. 第5章 セールスプロモーション計画 4.セールス・テリトリーの編成 (…

  7. 第3章 4.マーケティング・リサーチの進め方と種類 (3)動機調査とパ…

  8. 第2章 2 サービスとは

PAGE TOP