第1章 2-1-3 わが国へはこうして伝わった

わが国で、マーケティングという概念、実践的な市場活動がはじまったのは、
太平洋戦争終結後、しばらくたってからである。

1955年に当時の経団連会長 石坂泰三氏(日本生産性本部 アメリカ視察団 団長)が、
アメリカ視察を終え、羽田空港での記者会見で次のように述べている。

「アメリカにはマーケティングというものがある。
これからは、わが国でも重視すべきものである。」

これを契機に「マーケティング」という言葉が先端的なビジネス用語となり、
産業界では、企業が実践、活用すべき手法として、
もてはやされるようになったと伝えられている。

それまでわが国では、アメリカからの輸入理論として
細々と研究されていたマーケティング。
約半世紀前に、やっと陽の目をみるような地位があたえられた。

わが国のマーケティングは、
アメリカ以上にまだ若い技法なのである。

関連記事

  1. 第1章 4-1-1 不確実性を可能な限り取り除く

  2. 第7章 宣伝・広告と広報活動 2. 宣伝・広告活動 (2) 宣伝・広告…

  3. 第2章 4-1 有形財の流通

  4. 第4章 実践的マーケティングの展開 4.宴集会のマーケティング(予約径…

  5. 第2章 2-1 言葉としての「サービス」の意味

  6. 第1章 2-3-7 サービスは在庫できない

  7. 第2章 5 サービスにおけるホスピタリティ

  8. 第1章 4-2 接遇サービスにおけるマーケティング

PAGE TOP