パスタって日本食???

皆さん、パスタって何料理ですか?「え、決まってるじゃない、イタリア料理だよ。」普通はパスタ料理といえば、イタリアンの代表ですよね。もちろん、麺類としては似ていますが「和風パスタ」のようにアレンジしてあっても、やっぱり「パスタ」はイタリア料理で、寿司、刺身、懐石、焼き鳥などといった日本料理のカテゴリーには入らないのが普通です。しかし、そのイタリアンパスタを堂々と看板メニューとしている日本食レストランがフリスコにあるのです。

このレストランは、ダラスにある日本食店の第2号店でYAMA Izakaya & Sushi として今年オープンしました。このレストランでは、ランチタイムのみ、サラダがついたイタリアンパスタランチのセットを8.99ドルで提供して、今地元で大人気なんです。このパスタランチ、全部で6種類あるのですが、とてもおしゃれでとても美味しい本格イタリアン。それもそのはず、パスタを作っているシェフは、日本でイタリアンレストランを経営していたというシェフなのですがまたそのシェフが若くてとてもかわいい女性、名前も「くるみ」さん。これだけではないんです。普通の日本食レストランなら、デザートはもちアイスとか抹茶アイスに小豆、が定番でしょうが、YAMAでは「抹茶のパンナコッタ」とか「枝豆ムース」とか日本を意識しながら洋風とおしゃれに融合させた、とてもお洒落で美味しい創作デザートが食べられるのです。

ここまで読まれて「こんな感じの、日本だったら結構あるよね。」とそう思ったかたもいるでしょう。でも、それはきっとあなたが日本にいるからなんです。日本では、日本にあるレストランは、イタリアンであっても日本のレストラン。純和食でなければ、結構日本食と洋食を両方出すレストランはあると思います。でも考えてください。ここはアメリカ、しかも中西部テキサスなんです。
「話題性」が鍵

美味しいお店はたくさんあります。でも美味しいだけでは、お客さんは物足りなくなるんです。前回ダイソーのブログで、「期待感」というお話をしましたが、このレストランは、「期待感」をとても上手に引き出しています。そして、今回お話しする、「意外性」。前述のように、YAMA日本食レストランのランチパスタのメニューは、「日本食レストランでパスタ?!」という「意外性」を作り出しています。私はこの「期待感」と「意外性」の2つが合わさった時、「話題性」が出てくる、と思うのです。お客さんが人に話さずにはいられない、英語でいうと「BUZZ」と作り出すのです。「BUZZ」とはマーケティング用語で、製品やサービスに対する顧客の感情、エネルギー、興奮間、期待感がもともとのマーケティングメッセージを超えた状態になった時に起こる消費者、使用者の間でのインターアクションを言います。

もうひとつとても大切なもの

でも、「話題性」だけでは長続きしないのです。話題になっても、一時的な流行りであり可能性があるからです。長続きしない「話題」にはひとつ大切なものが欠けているのではないか、と私は思います。それば「情熱」。シェフのくるみさんは、いつも新しいメニューを考えている。ランチのパスタメニューだけでなく、デザートもいつものを出して満足はしないのです。お店に出ていない時には、試作品を作っては改良し、完成させてお店に出しています。最近はシフォンケーキや、チーズケーキ、季節の栗ときのこのクリームパスタ、など新作をどんどん出しています。お客さんをワクワクさせてくれるんです。お客さんは「次はどんなものを作ってくれるのかな」と楽しくてまた行きたくなるんです。お客さんよりも先を行っているんです。どうして、くるみさんが、次々とアイデアを出せるのか。それは、「情熱」があるからなんですね。一度、私が子供と一緒に食事をした時、私の娘が一口食べたあとにっこりした顔をみて、「よかった、そのおいしい顔をみるために、毎日がんばっているんです。」と顔をほころばせていました。本当に、お料理が好きなんだ、と伝わってきます。

日本人が日本食レストランを開く場合、現地の人に本当の「日本食」を提供したいから厳選した日本食のメニューに限るという発想になると思います。しかし、YAMAはこのテキサスで既成の概念にとらわれないビジネスモデルを構築したと私は考えています。これは、成り行きでこうなったのか、計算をしてそうしたのか定かではありませんが(笑、いつかは聞いてみたいと思います)普通の日本食レストランにはない独自の魅力を出しているのです。

あなたのビジネスは、どうですか?「期待性」、「意外性」で話題を提供していますか。そして、それにあなたの(そして従業員全員の)情熱が加わっていますか?売上げアップだけが目的の作戦ではうまくいかない。「情熱」が基本にあって初めて、長続きする結果がついてくるんだと私は思います。

ちなみに、このYAMAのパスタ。あまりにも好評なので、月曜日のみディナーメニューにも加わりました。もし、ダラスにお寄りの際は、是非YAMA Izakayaに足を運んでみてはいかがですか?

関連記事

  1. テキサスシリコンバレー

  2. 住宅大手が海外シフト-海外で日本の住宅展開

  3. 「ふたりとも、”You are fired!”」

  4. 人のふりみて我がふり直す-カスタマーサービス

  5. 期待のダイソーアメリカ

  6. TPL Globalブログスタート!

PAGE TOP