代表取締役 略歴


高月 博 (Hiroshi Takatsuki)
資格:一級建築士、マンションリフォームマネジャー、福祉住環境コーディネーター2級

近畿大学理工学部建築学科卒業後、ゼネコンの現場監督としてマンションや大型スーパーなどの建設に関わり実務経験を積んだ後、1999年に一級建築士合格。
2000年以降は建築設計事務所にて、多彩なプロジェクトに携わったキャリアをもつ。
2015年には、代表取締役就任と同時にTPL傘下に一級建築士事務所を開設し、事業を拡大。
「クオリティオブライフ」をテーマに、「高齢者にやさしい家」、「癒しを与えるスペースリノベーション」など高齢化していく日本社会を見据え、クライアントそれぞれのニーズに対応したアイデアを提案する。
また、TPL独自のホスピタリティーネットワークと連携し、新旧ホテルおよびレストランのリノベーション・イノベーションを推進。

相談役(Executive Adviser) 略歴


高月 璋介 (Shosuke Takatsuki)
資格:Senior Hotel and Restaurant Consultant(上級ホテル・レストラン・コンサルタント)
所属団体:日本ホテルレストランコンサルタント協会会員(関西支部顧問)、大阪YMCA国際専門学校 文部科学省「教育課程編成委員会委員」

早稲田大学教育学部卒業後、東京YMCA国際ホテル専門学校を経て、東京ヒルトンホテルの開業準備室勤務以来、一貫してバンケットセールスマーケティングを担当。
その後、シティホテルの総支配人などを歴任。
数々の企画を実行し成功させる。
この間、実務に即したホテルセールスのあり方を模索。
有名業界誌「月間ホテルレビュー」「週刊ホテルレストラン」等に記事を連載し、科学的なホテルセールス論を展開、ホテルセールスマーケティングの基礎を確立してきた。
4冊の著書のうち、1995年出版の「基礎からわかるホテルマンの仕事 」はホテル専門学校等で教科書としても使用されておりホテルプロフェッショナルのバイブルとも言える。
現在はホテルの総合コンサルティングを提供するTPLホスピタリティーグループの主要メンバーとして活躍し、急速に変化するグローバル化時代にホテル業界の経営の方向性を占めす「ホテル経営再生」を支援。
エネルギッシュな現役ホテルレストランコンサルタント。

グローバルマーケティングディレクター 略歴


高月 ショーレンバーガー 理恵 (Rie Takatsuki Shollenberger)
資格:英語教授法(TESOL)修士、経営修士(MBA)

関西大学英文科卒業後、商社、製薬業界を経験し、1996年にアメリカカリフォルニアに渡米。
日本で企業トレーナーになる目的でTESOL修士号をとるが、結婚しショーレンバーガー姓となりアメリカに残ることを決心。
シリコンバレーで日系半導体ロボットメーカーのセールスマーケティング担当としてOEM顧客のアカウントマネジメントに10年間携わる。
その後地元の小企業のコンサルティングを経て、2011年から約4年間、バンクオブアメリカの住宅融資部門リポーティングチームでデータマネジメントに関わる。
ビジネスアナリスト、プログラムマネージャー、コンプライアンスなど多彩なエリアでの経験をもつマルチプロフェッショナル。
日本の真の意味でグローバル化に貢献すべく、身近な題材をもとに欧米と日本との違いをわかりやすく解説し、企業に考える素材を提供するブログが人気。

PAGE TOP